光と風と時の部屋

どうも、こんにちは。m(__)m(^^)/香川県在住の多趣味人です。中でも主な趣味は、読書や創作、運動、筋トレ、書道、カラオケ、音楽鑑賞等です。「健康オタク」ともよく言われます。こちらでは、日記や小説の他、随筆やポエムの掲載、お勧めのグルメ紹介、また様々な役立つ商品の紹介等を行なって行きたいと思います。極力の極力で、皆様にとって、愉快で楽しめる且つ、為になる記事を書いて行けるよう、努力致します。どうか宜しくお願い致します。

『女盗賊プーラン』(上下巻)(プーラン・デヴィ)

「女盗賊プーラン」(上下巻)は、プーラン・デヴィの自伝書である。
f:id:shogochiba:20220318203304j:plain
f:id:shogochiba:20220318203425j:plain

被差別カースト民に生まれ、殆ど犬以下の扱いを受け、ありとあらゆる屈辱と虐待を受け、やがて盗賊団に身を投じ、自分を虐待した連中に復讐を遂げる。義賊的な盗賊団の女首領となって、インド北部を荒らし回り、懸賞金付きのお尋ね者となる。
警察官を含む、二十数人の権力者を射殺するが、彼女は、きっぱりと言う。
「人は犯罪と呼ぶかも知れない。だがそれは、私に言わせれば正義なのだ。」

1983年に、彼女に手を焼いた政府当局との間に司法取引(死刑にはしない。8年間で釈放する。家族に土地と仕事を与える等の条件)に応じて投降した。

11年間の獄中生活の後釈放されると、1996年の総選挙に立候補して、貧民層の圧倒的な支持を受けて国会議員になる。

波瀾万丈としか言い様が無い人生である。
文盲の彼女は、これを語りおろす形で本にしている。

#本 #読書 #自伝書 #エッセイ #カースト制度