光と風と時の部屋

どうも、こんにちは。m(__)m(^^)/香川県在住の多趣味人です。中でも主な趣味は、読書や創作、運動、筋トレ、書道、カラオケ、音楽鑑賞等です。「健康オタク」ともよく言われます。こちらでは、日記や小説の他、随筆やポエムの掲載、お勧めのグルメ紹介、また様々な役立つ商品の紹介等を行なって行きたいと思います。極力の極力で、皆様にとって、愉快で楽しめる且つ、為になる記事を書いて行けるよう、努力致します。どうか宜しくお願い致します。

とうとう、ブラックユーモアが人を殺したのか・・。( 青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=平成30年に自殺=に、飲み会の余興で賞状を模し侮辱する内容の書面を渡し、渡された男性は翌月に自殺した事件について。)

※産経ニュースより。↓

青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=平成30年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。

遺族は20日、パワハラ長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8千万円の損害賠償を求め、青森地裁に提訴した。会社側は「表彰の一環」と説明している。

原告側によると、関係会社も参加した30年1月の新年会で、男性は課長が作った「症状」と題した書面を渡された。文面には「今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」などと書かれていた。
上司から「おまえはバカ」とのショートメッセージを受け取るなどした男性は翌2月、重度の鬱病を発症し自殺した。

男性の妻は、代理人弁護士を通じ「こんな『症状』を渡して、家族が見たらどう思うのか、何も想像しなかったのかと不思議でなりません」とのコメントを出している。

《侮辱「賞状」騒動のハシモトホームがHPで謝罪》

コメントでは「弊社に関する一連の報道について」として、「関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。本件を重く受け止め、最大限誠意ある対応をとる所存でございます」
等と謝罪。

「現在、原因の調査並びに再発防止策の取りまとめを進めておりますので、取りまとめ次第、速やかに公表させていただきますので、今暫くお時間を賜れますと幸いです」としている。

また、問題を受けて本社や支店に問い合わせの電話が殺到し、電話回線が逼迫(ひっぱく)したため、留守番電話に切り替えていると言う。

男性社員の遺族は、パワハラ長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8000万円の損害賠償を求めて青森地裁に提訴している。


        ★★★

やはり、これはきっと会社とか職場に限った事ではない!
パワハラモラハラする人間は、糞や滓以やゴミや屑以下もしくは、下手すればそれら未満だ!

※糞や滓は肥やしになるだけまだマシなら糞や滓未満ではないか。
ゴミや屑も、再利用や埋め立てが出来るだけ、まだマシならゴミや屑未満である!

よって、糞や滓やゴミや屑にさえも失礼だな。

○これだけは自分なりに言っておきますが、
真面目で優しかったり、性格・人間性が良くて真面目に仕事をする人ばかりが理不尽なパワハラモラハラや嫌がらせを受けたり、辞めて行ったりするような会社は、

  きっとその内、潰れます!!!

以上。

如何なる理由があろうが、何処の世界や国でも、パワハラモラハラは御法度です。

如何でしょうか?

                では。

#パワハラする輩は糞以下 #パワハラ  #モラハラ #嫌がらせ #モラハラする輩は糞以下 #人間関係 #職場の人間関係
 #職場